〒606-0003
京都府京都市左京区岩倉南大鷲町16
TEL.075-722-0610
 FAX.075-722-0681
 

【事業内容】
●建築設計・監理●新築(木造、鉄骨造、RC造等) ●住宅リフォーム ●店舗設計・施工 ●輸入住宅 ●インテリアプロデュース ●建築設計・監理 ●環境開発・企画・地域開発計画
 
HOME 会社案内 モデルハウス 施工例 不動産 家づくり
 
 
地元京都の地に根を張り、地域住民の安心で快適な住宅づくりを目指す椛蝟リ工務店。「感謝・礼儀・慈愛・情熱・責任・行動・目標」を忘れず、地域貢献に精進、努力してまいります。

代表取締役 大木常勝

 

 
私は37年前に伏見区から左京区岩倉に移転してきました。
同時に個人創業をして当初は試行錯誤。何から仕事をしたらいいのか分からない状況のなかで、まずはどの家にも網戸があります ので、そこに目をつけ、細かいリフォームから仕事をやらせていただきました。家内工業、ほんとに家内が中心となり仕事をこなしていく。家内は器用で素晴らしい女性だと思っています。
そうしてなんとか生き延びてきたわけです。

左京・岩倉はなかなか新参者を入れない風習があり、工務店として家を建てさせていただくのは至難の業 。どうしたら家を建てさせていただけるのかを切磋琢磨しながら考える日々が続きました。
しかし、なかなかうまくいかない。お金もない、人脈もない、銀行も相手にしてくれない。左京に移って最初の10年間はほんとに飲まず食わずの状況で苦しみました。これは自分に合わない仕事なんじゃないかとも思いました ね。壮烈な時期でした。
もっと自分が努力して生きて行かなければならない、小さなことでも一生懸命やらせていただかなくてはならないと思い知ったのです。

時には子供達も一緒になって1件1件ビラを入れてくれました。
ある時、子供の友達のお母さんから仕事の依頼の電話があり、お伺いして「なんでお仕事いただけることになったのですか?」と尋ねると。
「大木さんのお子さんが遊びに来た時に、うちは工務店の仕事をしています。仕事をさせてください。と言っていたのを思い出したんです。」
うちの子供達がまだ小学生の時です。
それを聞いたとき、私は衝撃をうけました。おやじがボヤッとしていられない。小学生の子供がここまで考えてくれているわけですから。

そこで奮起し再出発です。家族を養うにはどうしたらいいのか、自分のビジョンをこの左京でどうやり抜くのか、考え抜きました。それが発起点となってお仕事が続いていく状況づくりができてきましたね。
ほんとに心底自分が一生懸命になって地域の方に可愛がっていただこうと思ったら、技術的にも、理念も、信念も全てがしっかりとした工務店にならないといけない。そして地域のなかで奉仕的な精神で貢献していく。
それしかないです。

真面目に忠実にお客様に接すれば信頼感を頂いてお仕事もいただける。
お客様との付き合い、地域との付き合い、銀行との付き合い、順調になってくるには30年かかりました。
地域の人たちからも安心して仕事を任せられるという評価を頂けるようになり、お陰様で200件以上の家を建てさせていただくことができました。

不透明な時代で今後どうなるかは分かりません。
しかし過去の激動の経験が自分の礎になっています。今後も苦しいとき辛いとき、台風や地震がきても生きていけるという自分のマニュアルができました。

 

左京岩倉は自然や環境が素晴らしいです。建築基準法で規制されて守られてもいる。環境が良いと、様々な人たちが住んでいても人間の環境もよくなってくる。

ただし、子供達に良い精神が養われていく為にも、もっと芸術文化も発展させないといけない。お寺もいいけど、芸術的な文化に触れる機会を構築していかないと。芸術を子供たちに見せてあげるのは大事なことだと思います。
また、今は原発など大変な問題があります。これを勉強させないといけない。してもらわないといけない。原発の事故は本当に苦しいことです。その苦しさを教えていない。風化させよう風化させようとしている。昨年、絶対に無いと言っていたことが起きたわけです。
高浜、美浜、駿河などの原発にもし想定以上の事が起きたら、我々は生きていられないです。

こんな素晴らしい京都の文化が滅茶苦茶にならないように、政府、知事、市長、議員を中心としてまちを守る、歴史的風土の左京と人々を守っていくようなビジョンを早く作らなければならないと思いますね。
この地域を大切に守りたい、子供達の安全性を高めて、安心して住めるまちにしていかないといけないと思います。
 

「やる気、元気、大木!」をキャッチフレーズに、大木工務店は、この不景気な時代、岩倉、上高野界隈において、より良い住宅づくりに励んでこられた。社長の大木常勝さんとの付き合いも20年近くなる。
大木さんは、若い時は労働運動で汗を流し、苦労もされた。上高野の葬儀場建設問題では、宝ヶ池地域の環境を守ろうと住民運動の先頭に立ちがんばってこられた。
熱い想いでお客さんの喜ばれる住宅づくりに邁進中!

 

 

Copyright (c) 株式会社大木工務店&suzuki masaho&compage.  All Rights Reserved